日光市議会議員斎藤のぶおオフィシャルサイト

日光市議会議員斎藤のぶおオフィシャルサイト

私について
活動報告
斎藤のぶおへのご意見・ご質問
斎藤のぶお後援会案内。後援会長風間玲子
日光市のサイトへ
政策
政策
  • 地域の活性化

    地域を活性化させるための方法はたくさんございますが、何事にも共通して言えるのが、「収入を増やし、無駄をなくす。」が土台となります。
    現在日光市は赤字が続いています。日光市民の為に衣食住の生活の基礎をしっかりとしていきたいので、まずは赤字を脱するために日光市での仕事を増やすことに尽力いたします。
    仕事が増える⇒人口が増える⇒税収UP⇒還元

  • 農林業の振興

    日光市は農林業が中心の街です。そしていま、TPP法案により農業界が変わる時代となりました。その新しい取り組みにより、国と日光市の農家との想いに少なからず隔たりができてしまっています。 TPPだけに限らず、農業に関する様々な政策について、柔軟に対応できないのが小規模農家の現実です。小規模農家が多い日光市では、方向転換をしていく事は難しく、国からの補助金を受ける事ができない方も多く出てきてしまいます。
    そこで私たち日光市が、国の政策から漏れてしまった人たちの為に、市としてできるサポートをしっかりと行っていきたいと考えています。代々先祖から伝わる土地を手放したり合併して区画整理したりしなくてもいいよう、様々な施策をとってまいります。
    新たな国の取り組みをうまく活用していきましょう。

  • 子育て・学校教育の向上

    待機児童のいない日光市。この言葉だけを見ればとても優秀な市なのですが、そもそも子供が少ないのが現実です。新成人も1000人を切ってしまいました。子供がいなければこれからの日光の担い手がいなくなってしまいます。子育て世代に優しい街を作り、市外・県外からも日光で子育てを行ってもらえるようにしていきます。
    小林小学校PTA会長を務めていますので、市の教育現場からの目線、PTAとしての親からの目線、この両者の視点から学校教育の向上にも努めていきます。

  • 皆様の声を聞き、思いを市政へ力強く提言します。

    後援会を中心に、勉強会をたくさん行いますので、皆様の声をお聞かせください。中学校の野球部のエピソードからわかるように、自分で考え、そして、その考えを目上の人に意見する事は小さい頃からやってきたことです。
    市政に対し強く提言いたしますので、まずは皆様のお考えやご意見をお聞かせください

  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に対し日光市への受け入れ態勢の準備

    ついに日本で夏季オリンピックが開催されます。前回の東京オリンピックから56年ぶりです。すでに東京では選手村用地確保やスタジアム建て替え等、様々な動きがあります。しかし日光市はいかがでしょうか?完全に他人事ですよね。
    私はいままで築いてきた人間関係という太いパイプが東京との間にもあります。
    東京オリンピックというスポーツ祭典の益をこの日光にも持ってきましょう。

  • 福祉の充実

    子育て世代のことは上述いたしましたが、今後、私も含め更に加速していく高齢化社会。ご高齢の方たちにとっても住みやすい街でなければいけません。
    例えば、今市市駅前の閉店を余儀なくされた店舗の多い商店街の復活。高齢者が安心して住める環境を作れば、そこに新たなコミュニティが生まれ、活性化すると思いませんか?買物難民という言葉も出ているこの時代です。
    私個人の考えですので、まだまだ勉強会を重ね慎重に検討していかねばいけませんが、重要度の高い大切な事から優先的に行っていきます。

  • 住みたい街ランキング上位をめざし住民の増加をはかる

    2012年のあるデータで、住みたい街ランキング上位100の中に日光は入っていませんでした。栃木県内で入っていたのは、98位に宇都宮だけでした。
    「日光」は全国的に有名なはずです。日本に代表される観光地があります。栃木より日光の方が有名かもしれません。その日光が住みたい街に入ってすらいません。住みたい街とは認識されていないのでしょう。まずはこの住みたいまちランキングにランクインできるよう、様々な施策を行っていきます。

  • 議員定数の削減

    2014年6月現在、日光市の人口は87,702人で、市議会議員が28名います。私も含めてです。単純計算で、3,132人に対して1人の議員という計算です。
    これは適正な人数なのでしょうか。議員報酬や政務調査費等、議員一人にかかる費用は決して安い物ではありません。

    議員の適正な人数は様々な考えがあり一概にいう事はできませんが、例えば住みたいまちランキング常連の神奈川県横浜市。市議会議員は86名。人口は3,708,966人(2014年6月現在)なので、単純計算で43,127人に対して1人の議員という計算です。街の規模等も違うので一概には言えませんが、日光市に関しては、議員が多いと感じています。